消費者金融 銀行カードローン 違い

銀行カードローンとの違い

消費者金融と銀行カードローンの違い

お金を借りようと思った場合、大きく分けて、消費者金融か銀行カードローンのどちらから借りることになります。

 

同じお金を借りるという行為に対して、消費者金融と銀行カードローンでは少し違いがあります。

 

まず消費者金融というのは昔からあるキャッシングサービスで、テレビCMや雑誌、インターネットなどの広告でもよく見かけると思います。

 

街にも専用のATMがあり、昔から利用されている方にとっては大変重宝されています。

 

また、気になる借入審査も銀行カードローンとは基準が違いますので、借り入れが期待できる可能性が高いというのも特徴です。

 

ただし、そんな消費者金融でもデメリットがあります。

 

それは「総量規制」に引っ掛かるということです。

 

総量規制とは簡単に申し上げると、年収の3分の一以上は借り入れできない(※一部例外アリ)という法律です。

 

法律ですので、例えばアナタが年収300万だとしたら、100万円以上はお金を借りることができないということです。しかもこの法律は、一社の消費者金融業者だけでなく、すべての業者から借入している合計から計算されます。

 

なので、例えばアコムから50万借りていて、プロミスから今度融資をお願いしようとした場合は、プロミスからは50万以上は借り入れできないということです。

 

ですので、既に他社から借り入れてしている場合で、まとまった金額を借り入れしたい場合は、銀行カードローンを利用するというのが望ましいです。

銀行

なぜなら、銀行カードローンの場合は「総量規制の対象外」になるからです!

 

銀行カードローンは消費者金融と違って「銀行法」が適用されます。
銀行法は総量規制の対象外なので、先ほどの例でいうと

 

アコムに50万借りている場合でも、プロミスから50万以上借り入れできるというわけです。

 

だったら、最初から銀行カードローンで借りれば問題ないじゃないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに一見、そう思いがちですが、やはり銀行カードローンの場合は消費者金融よりも審査が厳しいと一般的には言われています。

 

もちろん、借入する人の職業や年収などによっても全然結果は違ってきますので、一概には言えませんが。。。

 

個人的には、初めてお金を借りたいと思われている方は、審査スピードも早い消費者金融から審査に申し込まれた方がいいと思います。

 

また、既に他社から借入している方で、総量規制以上の金額の融資を希望される場合は銀行カードローンの審査を受けてみるのがいいでしょう。